2018年6月17日日曜日

年間第11主日

第一朗読:エゼキエル17・22-24
第二朗読:二コリント5・6-10
福音:マルコ4・26-34


皆さん、「父の日」におめでとうございます。
お父さんの皆さんに感謝します。
実は、「父の日」は教会の祝日ではありませんが、愛の感謝の日なのでカトリック教会の価値観と同じです。
特に、私たち信者たちはお父様と息子の関係を思い出すと、天のお父様と息子のイエス様のことを思いますね。
今日のミサのプリントの表紙に彼らの絵を二つつけました。
彼らの愛の気持ちから、私たちは自分のお父さんのことを思い出します。
私のお父さんは3年ちょっと前に亡くなりました。
まだ寂しい気持ちが残っています。
なぜなら彼は、私に大きな影響を与えたからです。
たくさんのエピソードがありますが、今年の父の日のために2つ話したいです。
1つ目は、小学校の時に52年前、夏休みに父が私たち家族の楽しみと教育のためにドライブの旅に連れて行きました。
その時ニューヨークまで5時間車で旅をしました。
その時代には長い旅でした。
目的は、世界博覧会に参加するためでした。
特にそのイベントのスターは、ミケランジェロのピエタの像でした。
400年の歴史の中で、初めてバチカンから出て移動しました。
教皇様のパウロ6世もこのイベントに参加しました。
ピエタはイタリアから船に乗ってニューヨークの湾に到着しました。
そして、特別な展示館で見せられました。
その時に初めてベルトコンベアーを見て私はびっくりしました。
たくさんの人々がピエタを見たいから、止まらないで乗りました。
ピエタを見た人はみんな感動して泣いていました。
そして、家に戻って友達にその話をしました。
やはり父が、私たちの教育のためにその素晴らしい美術品を見るために長い旅を頑張りました。
今でもニューヨークでそのイベントの場所には公園が残っています。
私はメリノールの本部に行った時に、その場所を歩いて父と母のことを懐かしく思い出します。
父は私たちを愛していましたので、楽しい人生を過ごせるように自分のエネルギーと時間を私たちのために使いました。
2つ目は、父から運転を教えてもらったことです。
アメリカでは、日本と違って、運転はほとんど家族から習います。
そして、アメリカはバスや地下鉄が少ないので、車がとても大切です。
だいたいみんな、高校生の時に運転を勉強します。
私は運転を早く覚えました。
父にとって一番よい学生だったそうです。よかったね。
父が会社から戻って食事の後に1時間くらい練習しました。
免許を取ってから、私は家族の運転手になりました。
やはり父が私を信頼しましたので、いい気持ちでした。
1回家族の夏の旅行の時にも、最初は父が運転しましたが、途中から疲れたので、私と運転を交代しました。
信じられないことですけど、走りながら2つのタイヤがパンクしました。
2つとも新しいタイヤでしたが、欠陥品でした。
しかし、事故にならないで、道路の横に車を止めることができました。
父は車が止まるまで寝ていましたが、家族は叫んで、母は泣きました。
本当に神様が助けてくれました。
その出来事以外、私の運転の歴史の中で大きな事故はありません。
神に感謝。
振り返ると、私は父から人生のために自信と信仰をいただきました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
今日のイエス様の例えは、からしの種の話です。
今日は父の日で、そのからしは愛の種と思います。
なぜなら、からしの種はとても小さいので、あまり見えませんが、土に植えると大きく成長します。
それは愛を実践することですね。
私と父の歴史を考えると、イエス様とお父様の歴史を思い出します。
父は私に色々なことを教えました。
イエス様もお父様も、祈りを通して救い主の役割を学びました。
やはり、私たち子供たちはお父さんから愛の種を頂きます。
そして、自分の心に植えて育てます。
ですから今日の父の日に、私たちの家族としてのお父さん、おじいちゃんだけではなく、今日イエス様の天のお父様にも感謝いたしましょう。
天のお父様は愛の源だからです。
私たち子供たちが、お父さんたちに感謝を表すために、一番良い行いは彼らと同じように、愛する人になることです。
6月はイエス様の御心の月ですね。
この祝日は本当に天のお父様が嬉しいイベントだと思います。
自分の息子イエス様を誇ります。
私たちの命の生きがいは愛です。
イエス様が、私たちも彼と同じように幸せな人生を過ごすために、愛の成長の方法を教えています。
どうぞ皆さん、愛のために生活をしていきましょう。
お父さんの皆さん、おじいさんの皆さん、私たち子供たちを愛して下さりありがとうございます。
私たちも皆さんを愛します。

2018.06.17 今週のお知らせ

617日(日)
主日ミサ (ケン師)
0930
教会学校
1100
病者の塗油
1000

主日ミサ(ケン師)
        子どもミサ
1100
1130
典礼・広報部会
手話サークル(青年会室)




★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)

6
18
(月)
0615
ミサ

19
(火)
0615
ミサ

20
(水)
0615
0900
ミサ
業者清掃
 
21
(木)
0700
1000
ミサ(聖心会)
入門クラス

22
(金)
1000
1830
金曜作業グループ
ミサ

23
(土)
0700
1830
ミサ(入門クラス)
English Mass

24
(日)
0930
1000
1100
1100
1200
1500
教会学校
主日ミサ(加藤師)
聖堂清掃
福祉納豆販売
運営委員会
中央ブロック会議

2018年6月10日日曜日

年間第10主日

第一朗読:創世記3・9-15
第二朗読:二コリント4・13~5・1
福音:マルコ3・20-35


皆さん、おはようございます。
私は、今日の第一朗読と福音は深い感謝の気持ちを持っています。
なぜなら私の教えている専門分野に関係があります。
私の専門は医療と倫理です。
天使大学で看護師、管理栄養士、助産師たちに倫理を教えています。
倫理は医療専門職のたまごにとって、基礎的な勉強です。
有名な看護師ナイチンゲールは、看護を学ぶ学生たちにとって、とても大切だと言いました。
もちろんナイチンゲールは150年前のことなので、いまの時代とは違いますが、価値観も違いました。
当時の看護師たちは、良いマナーとエチケットが最も大切な倫理の内容でした。
今の世界でまだ女性の地位が確立されてはいません。
ナイチンゲールの時代はもっとひどい雰囲気でした。
医者たちが良い看護師の条件として、医者の思い通りに動く看護師を求めていました。
もちろん現代の良い看護師は、医者の奴隷ではなく、自分の知識と技術を持ちながら、医者と良いチームワークを持ち、患者さんの回復のために一生懸命頑張ります。
医者、看護師、助産師、管理栄養士などの医療の専門職は、正しい意思決定するために、それぞれ別々に倫理綱領があります。
例えば、任された全ての患者さんたちを、平等にケアをすることです。
もちろん日本の国民だけではなく、外国人も入院すれば平等にケアされるべきです。
残念ながらこの精神は、70年前の戦争の後で生まれた倫理のアプローチです。
その時、色々な倫理的である「世界人権宣言(1948年)」などです。
今年は世界人権宣言の70周年記念日です。
とても偶然ですが今日の福音を通してイエス様の倫理の精神を表します。
彼は「わたしの天の父の御心を行う人が、わたしの兄弟、姉妹、また母である。」ということを信じていたので、人間は平等なものと考えていました。
イエス様の倫理的な精神は、旧約聖書の創世記の中の「アダムイヴの失敗について」非難しています。
なぜならアダムとイヴは天のお父様の精神を通して生活していなかったからです。
アダムとイヴは神様の計画ではなく、自分の計画に従いました。
その精神によってアダムとイヴは恥ずかしい気持ちになったり、神様の存在から離れていきました。
現代の医療の世界の中で、医者か看護師がミスをすることに似ています。
アダムとイヴが二人とも意思決定の失敗を、自分ではないものになすりつけました。
私たちカトリック信者には、倫理的な判断をするために、基礎的なルールはモーゼから頂いた「十戒」と、イエス様から頂いた「愛」の掟です。
考えると、イエス様の愛の掟の内容は、すべての人間に対して平等にケアする義務があります。
なぜならイエス様の愛の掟は、「神様を愛して周りの人々を自分のように愛しなさい」という内容です。
どうぞ皆さん、この尊い倫理の精神を寄り道しないで頑張りましょう。
悪魔は私たちの心をわがままの道へと導きたいです。
その誘惑の道に入らないように、悪魔の声を聞かないようにして、祈りを通して神様の声を聞きましょう。
最後に皆さん、おとといのイエス様の御心の祝日について少し話したいです。
イエス様の御心は、彼から私たちへの愛の精神を表します。
もちろんそれは開かれた心です。
昨日のマリア様の御心の祝日に似ています。
イエス様とマリア様の心の状態は、私たち信者たちのための模範です。
私たちは忙しくても、迎える人々を平等に受け入れることがイエス様と、マリア様の倫理の精神を実践することです。
社会は商売のために人々へより良いもので誘惑します。
車、服、スマートフォンなどがあります。
もちろんこのような発見は人間の質を高めるために大切でした。
しかし、人間の救いは、物質的なものを通しては出来ません。
救いは神様からただの贈り物です。
それは、イエス様の愛を信じる内容です。
そして、イエス様の愛を見習う課題です。
今日の第一朗読の中で悪魔がデビューしました。
彼はまだまだ、ひそひそ声で私たちが誘惑に落ちるように頑張っています。
その誘惑に落ちないように、毎日イエス様の御心に従って、愛のために生きましょう。

2018.06.10 今週のお知らせ

610日(日)
主日ミサ (朴師)
0930
教会学校
1100
ブロック例会
0930
1000
ゆるしの秘跡
主日ミサ(朴師)
1100

青年会珈琲/パン販売






★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)

6
11
(月)
0615
ミサ

12
(火)
0615
ミサ

13
(水)
0615
1000
ミサ
筆字の会
 
14
(木)
0700
1000
1000
ミサ(聖心会)
養成クラス
キルトの会

15
(金)
0930
1000
1000
1830
さゆり幼稚園聖堂訪問
教会清掃/3G
金曜作業グループ
ミサ

16
(土)
0700
1830
ミサ(入門クラス)
English Mass

17
(日)
0930
1000
1100
1100
1130

教会学校
主日ミサ(ケン師)子どもミサ
病者の塗油
典礼・広報部会
手話サークル(青年会室)

2018年6月3日日曜日

キリストの聖体

第一朗読:出エジプト24・3-8
第二朗読:ヘブライ9・11-15
福音:マルコ14・12-16、22-26


皆さん、おはようございます。
今日は教会のキリストの聖体の祝日です。
私たちカトリック教会の典礼のスケジュールの中で、イエス様の聖体に感謝するために二つの祝日があります。
一つは聖木曜日です。
その日イエス様が最後の晩餐の中で、過ぎ越しの祭りの仕方を変化させて現代のミサが生まれました。
イエス様は自分が神様の小羊ということを理解して、伝統的にパンとぶどう酒を自分の身体の血のシンボルとして始まりました。
今日の祝日の歴史は、13世紀に始まったそうです。
ドイツの神父、ペトロがローマへの巡礼の時に聖クリスティーナの教会でミサを捧げました。
ミサの途中で祝福されたパンから血が出てきました。
すぐに教皇様、当時のウルバヌス4世に報告して、オルヴィエート大聖堂に保管しました。
そして、教皇様が有名なアクイネス神父様に、御聖体を賛美するために新しい聖歌をつくって下さいと頼みました。
それは、Pange Lingua, Tantum Ergo, Panis Angelicus, O Salutaris Hostia4つです。
ひとつずつとても綺麗ですね。
その時代から、信者たちが御聖体の前で祈る習慣が始まりました。
自分が長い人生を送れるように、御聖体の前で祈りました。
それは、私たちが御聖体を頂けば永遠の命を得るという信仰と同じです。
私も御聖体の前で黙想の祈りをすることが好きです。
しかし、子供時代からこの祝日を忘れないように、小学校のシスターから、5世紀のレオ教皇様と酷いアッティラの物語が私の信仰生活に深い栄光を与えました。
5世紀にローマ帝国が弱くなっていました。
北ヨーロッパからの野蛮人によってローマ帝国が襲われました。
そして教会の大事なものを盗まれました。
一番ひどい人はアッティラでした。
彼らは国民の身体をバラバラにして血も飲んだそうです。
ある時噂を通して、アッティラがローマに来るニュースを聞いて、教皇様、レオが深く祈っていました。
彼は、暴力は出来ませんがローマの財産を守るために、アッティラに町の外で会うために出発しました。
出発前に自分のお御堂の中で、ミサを行って御聖体と御血を頂きました。
なぜなら、もしアッティラが教皇様レオの身体をバラバラにして血を飲むことがあれば、イエス様の血の力によって改心するかもしれないと考えたからです。
教皇レオは出発してアッティラに会いました。
教皇様は無傷で何もありませんでした。
アッティラが教皇様の勇気を見て、感動してローマに入ることはなくなりました。
教皇レオはローマの街を救いました。
小学校の時にシスターが、教皇レオの血の中にイエス様の力があったので、恐怖を感じることはありませんでしたと言いました。
やはり、アッティラが教皇レオを見ながら、同時にイエス様を見ましたね。
とても素晴らしい話ですね。
これと似ている物語は、酷いファリサイのパウロはダマスカスに迫害するために行く途中で、道にいたイエス様を表して改心した話に似ています。
聖パウロもそれを信じて、御聖体について自分の手紙の中に記録しました。
皆さん、私たちの毎日の改心のために改心と勇気を高めるために、イエス様が御聖体の習慣をお願いしました。
イエス様が私たちも自分のような、神様の素晴らしい息子と娘になることが希望です。
その方法がイエス様の御身体、御血を頂く方法です。
イエス様の御聖体は四つの思いを出すべきです。
一つ目は御聖体はイエス様自身です。
二つ目はイエス様に感謝の気持ちを表すことです。
三つめは周りの共同体はイエス様の神秘的な家族と同じです。
四つ目は御聖体を頂きながらイエス様と同じ使命を頂きます。
それは神様の愛を宣教することです。
御聖体を通して私たち信者の霊的な栄養を頂きます。
どうぞ皆さん、今日御聖体を頂きながら、イエス様に感謝をして、彼と同じように愛の模範を表しましょう。

2018.06.03 今週のお知らせ

63日(日)
主日ミサ (ケン師)
0930
教会学校
1100
福祉コーヒー
1000

主日ミサ(ケン師)
1115

聖歌隊練習






★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)

6
4
(月)
0615
ミサ

5
(火)
0615
ミサ

6
(水)
0615
ミサ
 
7
(木)
0700
1000
ミサ(聖心会)
入門クラス

8
(金)
0900
0930
1000
1830
教会清掃(2グループ)
さゆり幼稚園聖堂訪問
金曜作業グループ
ミサ

9
(土)
0700
1830
ミサ(入門クラス)
English Mass

10
(日)
0930
0930
1000
1100
1100

教会学校
ゆるしの秘跡(朴師)~950
主日ミサ(朴師)
ブロック例会
青年珈琲/パン販売