2018年1月7日日曜日

主の公現

第一朗読:イザヤ60・1-6
第二朗読:エフェソ3・2、3b、5-6
福音:マタイ2・1-12

皆さんおはようございます。
やっぱり私は旅人ですね。
今日、主の公現のテーマは、旅です。
私達が信者になって、人生は霊的な旅に変化しました。
馬小屋の上の星は、神様の愛です。
私達は天のお父様を信じますので、彼が私達の人生を良いものに導いてくれます。
最近、トランプ大統領は、発表の中でNASA(アメリカ航空宇宙局)に、月からもっと遠くの場所(火星など)に行きましょうと言ったそうです。
私は福音宣教師になって旅人になりました。
初めの頃は、この生き方をまあまあ面白いと思いましたが、25年後の今振り返ると、とても素晴らしいものでした。
私は、家族や大学の友達よりも、色々な場所に住んだり、新しい言葉を勉強したり、美味しい世界の料理を食べることができました。
お金に余裕はないけど、心はお金持ちの気分です。
私の体験から、有名な旅人達の気持ちを理解します。
例えば、アレキサンダー王です。
彼は、ギリシャから東の方を旅しながら征服していきました。
聖地も彼の影響のおかげでヘブライ語を忘れて、ギリシャ語を話せるようになりました。
聖書はヘブライ語からギリシャ語に翻訳しました。
また、私の旅人のヒーローはマルコ・ポーロです。
彼は、インドと中国に旅をしました。
そしてクリストファー・コロンブスは、ヨーロッパからアメリカへ出発しましたね。
もう一人のヒーローはアメリカの極地探検家リチャード・バードです。
彼は南極を旅しました。
そして表紙の写真のアームストロングは、1969年、月に着陸して歩きました。
私は小学生でした。
そして最後の有名な旅人は、今日の3人の博士です。
3人の博士の訪問は、マタイによる福音にだけ記されています。
1000年前、ダビデ王様は、この出来事について預言しました。
詩編7211節に「すべての王が彼の前にひれ伏す」と書いてあります。
マタイは彼の名前を書きませんでしたが、詳しく内容が記録されていました。
初期キリスト教は、博士について深い興味を持っていたので、方法はわかりませんが、昔の本の中に名前がありました。
名前は、メルキオル(ペルシャ)、カスパル(インド)、ベルタサル(アラビア)です。
3人は聖人に任命されています。
遺骨は、ドイツのコロン大聖堂の中に保存されています。
幼子イエス様の前で、ひざをついたそうです。
カトリック信者達のイエス様への尊敬を表すためにひざをつく文化は、この伝統から始まったそうです。
私達の信仰生活から、3人の博士達から何を学ぶでしょうか。
一番大きなことは、3人が星を通して導いたことです。
イエス様の上の星は、愛です。愛の業を通してイエス様を探します。
私生活の中での愛の業の対象は、相手の中にあるイエス様です。
もう一つの学びは、イエス様を探すために、様々なチャレンジがあったことです。
例えば、2000年前の博士達にとっての壁はヘロデ王でした。
その誘惑を乗り越えるために、3人の博士達は夢の中で神様の声を聞いてヘロデ王の誘惑を乗り越えました。
その証拠は、別な道で各々の国に帰ることができたことです。
私達も、イエス様の存在を信仰生活の社会的な誘惑を乗り越えられます。
神様の価値観と目的、生きがいを通してできます。
博士達と同じように、自分達のためではなく、神様の仕事のために生きがいになると思います。
最後の学びは、私達もイエス様に会えば彼にプレゼントをあげたい気持ちになることです。
3人の博士達は別々のプレゼントを与えたように、私達も自分の価値観、自分の宝物から、イエス様の楽しみのためにあげるべきでしょう。
2018年の信仰生活の旅が始まりました。

今年も、昨年より信仰生活が広がるように、イエス様を探しましょう。

2018.01.07 今週のお知らせ

0107日(日)
主の公現




1000
主日ミサ(代理司祭)
1100
福祉コーヒー





★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)

1
8
(月)



9
(火)
0615
ミサ

10
(水)
0615
ミサ
 
11
(木)
0700
1000
ミサ/聖心会
養成クラス

12
(金)
0900
1830
教会清掃/2G
ミサ

13
(土)
0700
1830
ミサ/入門クラス
EnglishMass

14
(日)




1000
1100




主日ミサ(新成人祝福)
青年コーヒー/パン


2018年1月1日月曜日

神の母聖マリア

第一朗読:民数記6・22-27
第二朗読:ガラテヤ4・4-7
福音:ルカ2・16-21

新年あけましておめでとうございます。
昨年はいろいろお世話になりました。
今年もよろしくお願いします。
どうですか皆さん、クリスマスから新年まで少し休むことができましたか?
今日の短い福音の箇所は私達信者達のために写真に似ています。
なぜなら私達はクリスマスの日新しく生まれた幼子イエス様を迎えるために羊飼い達と同じように寒い天気の中で教会に来ました。
そして子供たちの劇を見て2000年前のイエス様が生まれた様子をもう一度感じて新しい希望を与えられました。
どうして信者になったか感じます。
それはイエス様を探すことと賛美することです。
今日のミサはマリア様の模範に感謝しながら新年2018年を迎えます。
新年のイベントが一人一人にとって大切なことがあります。
私達人間は赤ちゃんから大人に成長するべきですね。
イエス様の誕生から学んだことは、神様が一人一人に特別な仕事を任命します。
その中でマリア様はもっとも大切なスターですね。
マリア様の素晴らしい意志は周りの人々に影響を与えました。
ヨセフはマリア様を愛を通して彼女の決心を尊重して自分の心の葛藤を乗り越えました。
そして彼が自分の神様から任された仕事を探しました。
羊飼い達も天使たちの嬉しい模範を通して影響を感じて仕事場から少し離れてベツレヘムの馬小屋を訪れました。
この訪問の後で一人一人の人生が変化したでしょう。
自分達も生きがいを神様の意志、自分のための命をもっと深く理解しました。
それは新年の目的ですね。
新年のときに、空に特別な星が現れます。
人生も変化するべきです。
昨年より私達は目の前の年にもっと良い人間になるために神様の意志と自分の意志をあわせる作業が大切です。
どうぞ皆さん、2018年の中で楽しく意味ある年と仕事ができますように、自分の命は神様のプランの中で大切だと信じましょう。
2000年前の聖家族の予定は神様が案内し守りました。
間違いなく私達もカトリック円山教会の信者である大人と子供たちも神様のプランの中にあると信じています。
特に2018年の中で福音宣教をもっとよくできますようにマリア様とヨセフ様と羊飼い達のイエス様への愛を表すためにいろいろな行いと言葉で神様に賛美しましょう。
今日はクリスマスの時期の真ん中です。
まだ来週までクリスマスの期間ですね。
今年のバチカンの前の馬小屋のセットが普通より私達信者達の課題を教えています。
みなさん暇があればインターネットで探して下さい。
とても不思議です。
この馬小屋のセットの中には本物の人間と同じくらいの人形があります。
その様子の中でもちろんマリア様、ヨセフ様、羊飼い達、3人の博士、幼子イエス様が飾られています。
またそれ以外のシーンも表されています。
それは慈悲深い行いです。
英語でCorporal Works of Mercyと言います。
7つあります。
飢えている人に食べ物を与えること
喉が渇いている人に飲み物を与えること
ホームレスの人に居場所を与えること
病者にお見舞いすること
刑務所で面会すること
貧しい人々に施しをすること
亡くなった人を埋葬すること
です。
この背景はイエス様のマタイによる福音25章に書かれています。
それはイエス様の羊とヤギについての話です。
13世紀にトマス・アキナスは自分の本「神学大全」にこの7つの話を書きました。
やはりこの7つの行いは福音宣教です。
なぜなら一つずつは愛を表すためです。
どうしてこのことはクリスマスの時に馬小屋セットを作った人々が入れたか考えました。
やはりマリア様は人間の中で第一信者としてその慈悲深い行いをしました。
なぜならマリア様が天使ガブリエルにイエス様のお母さんになることを賛成したことを通して、イエス様に家を与えられました。
ですからマリア様は私達信者の模範です。
私達カトリック教会は、全然知らない人を助けるために、いろいろな施しをします。
例えば空腹の人に食べ物を作ったり、服がない人々のために服を集めて配ります。
そしていろいろ社会的な活動をお金でサポートします。
どうぞ皆さん、2018年もマリア様の模範に従いましょう。

毎日愛を通して生活しましょう。

2017年12月31日日曜日

聖家族

第一朗読:創世記1-6、21・1-3
第二朗読:ヘブライ11・8、11-12、17-19
福音:ルカ2・22-40、または2・22、39-40

皆さん、おはようございます。
今日は聖家族の祝日です。
私は、この祝日がとっても大好きです。
子どもの頃、この祝日を祝うために、父が、ミサの後で母と子供達7人をファミリーレストランに連れて行ってくれて、パンケーキを食べたことを覚えています。
その場所は、パンケーキ食べ放題なのです。
パンケーキとソーセージを満腹まで食べたり、スープも種類が多くて、テーブルの上にたくさん並べて食べました。
その体験から、聖家族の祝日のことは忘れられません。
毎年気持ちはその日に向かっていました。
大人になって振り返ると、この行事を通して、父が私達子ども達を愛してくれていたことが伝わるプレゼントでした。
皆さんの意見はわかりませんが、私はだんだん年をとって考えると、家族が一番大切です。
友達は来たり、出たりしますが、家族は生まれた時から死ぬまでつながりがあるので、離れることができません。
本当に今日の美しい祝日は、私達家族のために感謝いたしましょう。
間違いなく、私達が来た道は、神様が計画されたことです。
家族の中で小さなケンカがあっても、すぐ忘れて今まで通りに戻り、人生は続きます。
家族は、神様からいただいた宝物です。
しかし、今日の聖家族の模範を通して、血のつながりのある家族だけではなく、世界の人間同士の家族のつながりも登場します。
今、トランプ大統領のいたずらな言葉を通して、国際連合の中でも人間同士の家族のような雰囲気を感じます。
やはり、何かありますね。
宗教、政治、貧困の差、色々な違いがあっても、私達人間は、1つの家族です。
北朝鮮のような危険性、環境問題などはどこでも、誰にでも影響があるので、一緒に解決していくべきです。
その運動は、2000年前聖家族を通して始まりました。
例えば、今日の福音の中で、おじいちゃんシモンは、幼子イエス様の命の大切さについて発表しました。
この子どもイエス様は救い主として人間の一つ一つの問題を乗り越えるために、代表として生まれてきた存在です。
イエス様も、この自分の証明を理解しました。
皆さん、覚えていますか。
マタイによる福音1250節で、イエス様が、病気の人たちの治療の時に、突然お母さんと弟子達が到着しました。
そして、「イエス様に会いたい」と傍にいた人に伝えました。
そして「どうぞ外に出て待っていて下さい」と伝えました。
その時のイエス様の答えは有名です。
「私の母は誰ですか。私のきょうだい達は誰ですか。私の母ときょうだい達は、神様の言葉を実現する人々です。」と返事をしました。
この内容は、血のつながりがなくても、私達がイエス様の言葉通りに生活すれば、彼とつながりがある家族ということです。
嬉しい内容ですね。
また、大切な内容です。
神様の計画は、私達皆を含んでいます。
私達の課題は、聖家族と同じように、全世界の人々のニーズを満たすために、愛の業をするべきです。
やはり、イエス様の革命は、愛の革命です。
皆さん、誤解しないで下さい。
この祝日は、私達一人一人の家族の大切さやつながりを弱める日ではありません。
反対に、一つ一つの家族の中で、お互いへの愛を学び、広い意味での人間的な家族を見えることが人生の課題です。
本当に世界中たくさんの問題があります。
私達、日本に住む人々と、北朝鮮で脅威を感じている人々は不安です。
この不安を減らすためにベストなことは、周りの人々を愛して、大切にすることです。
敵の精神は、悪魔の精神です。
神様にとって、敵はありません。
今日の美しい聖家族の祝日を通して、まず自分の家族と楽しい時間を過ごして下さい。
どうぞ、ファミリーレストランに行ってパンケーキを食べてみて下さい。
フレンチトーストも美味しいですよ。
そして、専門職の仕事を通して、信者達の祈りの生活を通して、人間の家族達を通して、私達共通の問題を乗り越えるために、私達の知識と愛を使いましょう。
この地球は、神様から頂いた家です。
自分の家と同じように、大切にしましょう。

悪いことをゴミ箱に捨てて、健康で良い雰囲気を作りましょう。

2017.12.31 今週のお知らせ

1231日(日)
聖家族




1000
主日ミサ(森田師)







★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)

1
1
(月)
1100
1700
元旦ミサ(森田師)
閉館

2
(火)
1700
閉館

3
(水)
1700
閉館
 
4
(木)
1700
閉館

5
(金)
1000
1030
初金ミサ(山谷師)
教会清掃/G


6
(土)





7
(日)




1000
1100




主日ミサ(代理司祭)
福祉コーヒー


2017年12月25日月曜日

主の降誕(日中のミサ)

第一朗読:イザヤ52・7-10
第二朗読:ヘブライ1・1-6
福音:ヨハネ1・1-18、または1・1-5、9-14

皆さん、おはようございます。
クリスマスおめでとうございます。
メリー・クリスマス!
昨日はとても美しい2つのミサとパーティでしたね。
本当にクリスマスの気持ちにあふれています。
今年もイエス様の誕生日のために、たくさんの協力、貢献の姿を見ることができて、本当にイエス様が私達の本当の家族だと感じています。
典礼、飾りの仕事、寺社の仕事、美味しいものの準備、印刷の準備、子ども達の準備、財務課の仕事などはイエス様のためのプレゼントです。
ありがとうございました。
そして、今日のミサでイエス様の新しい姉妹を連れてきました。
嬉しいですね。
ご両親、おめでとうございます。
クリスマスの日に洗礼を受けることは素晴らしい恵みです。
クリスマスは大好きな典礼のひとつです。
そして今日のミサの後で飛行機に乗り、アメリカに午後到着して、もう一度クリスマスを祝うことができますので、ラッキーですね。
ふるさとに行く道で考えると、子どもの頃、劇場に出たことを思い出しました。
父と母は、大学で演劇部だったので、私達子ども達もそうでした。
子ども時代から大学生まで、町のミュージカルに出てきました。
その中で面白いものは、劇作家ワイルダーが1938年に書いた「わが町(Our Town)」です。
内容を簡単にまとめます。
町の名前はグローバー・コーナーズです。
スターはエミリーです。
病気のため20歳頃に天国に行ってしまいましたが、彼女は、町に戻り人々が楽しく生活するために訪問をしようとしました。
神様が「大丈夫です。あなたの人生をもう一度生きられるように許可します。しかしあなたはがっかりするかもしれません。」と言いました。
エミリーは頑張りたいと言い、12歳の一日に戻りたいですと言いました。
地球に戻って、両親と友達に人生の素晴らしさについて示しましたが、皆さんは変わりませんでした。
彼女がバスに乗った時、運転手さんに「人々が人生の素晴らしさを理解できるでしょうか」と聞きました。
運転手さんは「忙しいからあまり気にしないと思います」と答えました。
エミリーはがっかりして天国に戻った、という話です。
皆さん、わが町と同じように、今日は、ベツレヘムと天国はつながっています。
その証拠に、天使達が表したり、羊飼い達にメッセージを伝えたりしましたね。
一年の中で、神様がもう一度命の素晴らしさについて気付けるようにしてくれました。
わが町の劇のスターはエミリーですが、クリスマスのスターはイエス様です。
彼が、天国からいらっしゃる目的は、私達の暗い生活に光を照らすためです。
それは今日の第一朗読の内容についてです。
創世記の始まりに、神様が登場します。
天のお父様の最初の行いは、言うことです。
イエス様も、いらっしゃってから言葉を通して、神様と天国について伝えました。もちろん、今日の幼子イエス様は赤ちゃんなのでまだできませんね。
今朝、お御堂の中で私達は、このイエス様の言葉を聞いて、彼の誕生日に感謝するために来ました。
ですから、私達は、わが町の市民と違いますね。
昨日の夜の福音に、天使達が羊飼い達にお知らせして、イエス様を探す旅が始まった場面がありました。
やはり、私達はイエス様と知り合いになって、人生が変化しました。
イエス様の兄弟姉妹になったので、小さな犠牲、大きな犠牲も喜んで行います。
わがままな態度でアダムとイブが罪に落ちました。
原罪を犯しました。
このような歴史を知って、悪魔の誘惑、わがままの誘惑をしりぞけるために、他者への貢献のために生活します。
彼女のご両親に、この責任を任命します。
彼女を立派なイエス様の姉妹に育てるために、言葉、行い、態度を通して、愛がいっぱいの人間性を育てるために、自分の心を変えていくことが必要です。
よろしくお願いします。
今年は私達カトリック円山教会の80周年です。
80年、このお御堂でイエス様の誕生日を祝いました。
それは素晴らしい賛美です。
この長い歴史のおかげで、今、カトリック円山教会は北海道の中で第2に大きい教会です。
どうぞ皆さん、私達も、わが町のエミリーの心を持ちましょう。
そして、札幌市民のために、意味ある素晴らしい人生を感じることができますように、言葉と愛の業を通して、示していきましょう。
最後に、皆さん、良いお正月を過ごして下さい。
私もアメリカから皆さんのために祈ります。

少し早いけど、ハッピー・ニューイヤー!また、メリークリスマス!

2017年12月24日日曜日

主の降誕(夜半のミサ)

第一朗読:イザヤ9・1-3、5-6
第二朗読:テトス2・11-14
福音:ルカ2・1-14

カトリック円山教会のファミリーの皆さんを始め、お客様方、メリークリスマス!!
クリスマスはとても嬉しい祝日です。
今、教会のお御堂の美しい飾りが、嬉しい気持ちを表しています。
イエス様の誕生日を通して日本カトリック教会だけではなく、全世界の教会や宇宙のみんなにとって影響があるので、とても素晴らしいイベントです。
イエス様がこの世にいらっしゃいましたので、私達は心の自由を与えられました。
善悪の判断ができますし、悪魔の力を退けることもできます。
いつか天国に行くこともできます。
それはメリー・クリスマスのメッセージです。
偶然ですが、クリスマスの時期に映画館で人気のスター・ウォーズの8作目が上映されています。
私も17日に見てきました。
大人気ですね。
朝から夜まで4つくらい上映していました。
スター・ウォーズは40年前から始まりました。
毎回、同じような雰囲気で同じ音楽、同じキャラクターが登場します。
ですので、ファンにとってわかりやすく、自分がその物語に深く入り込みやすくなっています。
1977年、私は6月にニューヨーク病院での看護師の仕事をやめて、9月から韓国でナースボランティアに行く予定でした。
この3ヶ月の間に私は友達のお願いで、アメリカのテネシー州で、子供のキャンプでカウンセラーのアルバイトをしました。
私の役割は病気の子供達と病気のスタッフを守ることでした。
その仕事が始まる前、ニューヨークでスター・ウォーズの映画を見ました。
キャンプの7月頃、夜中に一人の男性スタッフが虫垂炎になり、私は彼を近くの大きい町にある病院に連れて行きました。
先生は診断の後「すぐに手術が必要です」と言いました。
私はそのスタッフに、「気持ちはどうですか?」と聞きました。
彼は「ケン、大丈夫です。フォースとともにいます。(The Force is with me.)」と答えました。
フォースはスター・ウォーズの言葉です。
翻訳は難しいですが、多分カトリック用語の「愛」に似ています。
カトリックの伝統として神様も愛と言いますので、フォースが天のお父様、イエス様、聖霊と同じです。
カトリック教会の典礼のあいさつは、「主は皆さんとともに」と神父が言って、信者達の皆さんは「また、司祭とともに」と答えますね。
このスター・ウォーズの映画の中でも、キャラクター達がお互いに「フォースはあなたとともに」「また、あなたとともに」と答えます。
とても似ていますね。
やっぱりスター・ウォーズは宗教的な背景がありますね。
そのキャンプでの体験から、私は、神様を信じなくても、神様の愛を信じれば、福音宣教できると理解しました。
この出来事は私が韓国のナースボランティアに行く前の、良い体験でした。
やはり人間は神様の愛の力を信じれば、怖いことはなく、平和的な心で何でもチャレンジを乗り越えることができると理解しました。
韓国に到着して、ハンセン病の患者さんに看護の仕事をしましたので、とても苦しい雰囲気でしたが、患者さんたちは神様の愛を信じましたので乗り越えることができました。
彼らの信仰の模範のおかげで、私は神父になりたいと思いました。
だから、このフォースは私個人にも良い影響となりました。
このアイディアは、今晩のミサの第一朗読に似ています。
暗闇の中で、生活する人々が神様の光をみて希望を与えるとイザヤ預言者は書きました。
この内容を表すために、聖フランシスコは、馬小屋の人形のセットを作り、クリスマスの文化が始まりました。
今年も、私達は2つの馬小屋のシーンがあります。
1つは、マリア様の御像、もう1つはクリスマスツリーの下の像です。
2つとも美しい意味がありますね。
しかし、違うことがあります。
マリア様の像の馬小屋のセットが見えやすいように、ろうそくとライトの準備が必要でした。
とてもロマンティックですね。
クリスマスツリーの聖家族の像は、内側にライトがあり雰囲気を表しています。
それは、今晩の一番大切なイベントを表します。
イエス様が托身されたことです。
イエス様の光は内側から出てきます。
これは、私達信者達の課題です。
クリスマスツリーの人形達と同じように、神様の愛は私達の中にあるので、自分のためではなく、皆のために、外へ、輝かすべきです。
2000年前に、イエス様はこの生き方で生活しました。
どうぞ皆さん、クリスマスは一日ではありません。
クリスマスは毎日です。
私達もイエス様も兄弟姉妹です。
彼と同じ愛の光を洗礼の時にいただきました。
暗い生活の問題を乗り越えるために、神様からの愛の光を照らしましょう。
実は、イエス様の物語もスター・ウォーズに似ています。
なぜなら、イエス様が生まれた時に、星が羊飼いたちと3人の博士がイエス様を見つけるために導きましたね。
イエス様の上の星は神様です。
神様の星の輝きは、彼の愛です。
私達はイエス様の星、天のお父様を見たら、愛をいただきます。
今晩、教会を出る前に、馬小屋のセットを見てください。
これはイエス様の物語、イエス様のスター・ウォーズのはじまりの場面です。
私達は本当に幸せな人々です。
イエス様は私達のリーダーです。
イエス様が、私達を愛します。
イエス様が、私達を悪魔と暗闇から守ります。
私達も、羊飼い達と3人の博士達も人生の道を迷わないように、神様の愛の星によって毎日従うべきです。
今日はイエス様が生まれたことを通して、神様の愛のプレゼントを頂きます。
それは私達のクリスマス・プレゼントです。
今日クリスマスの日に、イエス様への感謝を表すために、憎しみを捨て、かわりに愛いっぱいの心で2018年に向かいましょう。

メリー・クリスマス!!