2019年4月14日日曜日

2019.04.14 今週のお知らせ

0414日(日)
主日ミサ  (受難の主日)
典:315(聖書と典礼3,2㌻)、典:315(聖書と典礼4㌻)、典:316(聖書と典礼5㌻) 奉納の歌:典: 9  
感謝の賛歌:典 216    平和の賛歌:典 217    拝領の歌:典 385    閉祭の歌: カ 196  
0930
1000

教会学校 
主日ミサ(朴師)
    /枝の主日
1100
1200

青年珈琲(パン販売は無し)
運営委員会


★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)
4
15
(月)
0615
ミサ

16
(火)
0615
1100
ミサ
聖香油ミサ/1条教会

17
(水)
0615
ミサ
 
18
(木)
0700
1830
ミサ/聖心会
聖木曜日(主の晩餐)
 
19
(金)
0930
1000
1000
1830
さゆり幼稚園聖堂訪問
教会清掃/3G
金曜作業G
聖金曜日(主の受難)


20
(土)

1830

聖土曜日(復活徹夜祭)

  
21
(日)

0930
1000
1130


教会学校
復活の主日ミサ(ケン師)
復活祭の祝賀会

*朴神父様の霊名の祝日(聖アンセルモ)

2019年4月7日日曜日

四旬節第5主日

第一朗読:イザヤ43・16-21
第二朗読:フィリピ3・8-14
福音:ヨハネ8・1-11


皆さん、おはようございます。
今週から受難の暫時(passion tide)が始まります。
その意味は、四旬節の最後の2週間という意味です。
イエス様の人生の暗い雰囲気を表しています。
この時期から福音の箇所の中で、イエス様の反対運動の背景を表します。
欧米では、この日曜日から、教会の中の御像をかぶします。
これはさみしいからです。
イエス様は最後の時、エルサレムの近くに行っています。
そして来週の日曜日、エルサレムの町へ入ります。
しかし、今日、説教を始めるために、嬉しいことを考えましょう。
それは、ローマのトレヴィの泉です。
皆さん、行ってみたことはありますか。
ローマの中で、1352個の泉がありますが、これは一番有名な泉だと思います。
とっても古い歴史があります。
紀元前19世紀から歴史が記されています。
ローマの外で、ローマ人たちは技術が高いので、ローマの町のための送水路を作り、ここは最後の場所でした。
この水は市民の飲み物であり、お風呂の水としても使われました。
この場所は今でも、3つの道が交わるところで、イタリア語で、「tre vie」と書き、意味は3つの道です。
この意味から、トレヴィの泉と名付けられました。
昔から、その場所に泉はありましたが、現代の最も美しい泉は1730年に教皇様クレメント12世が作りました。
昔からローマ人たちが神様から祝福をもらうために、お金を入れました。
そのときにローマ人たちは前からではなく、後ろを向いてお金を泉に投げました。
現代の観光客たちも、伝統的なもの従って、後ろを向いて泉にお金を入れています。
ローマへ戻りたい希望があれば1つのコインを入れます。
恋人を探す人は2回、コインを投げます。
結婚をしたい人は、3回コインを投げます。
毎日、たくさんのお金が泉に入るので、夜になると警察官が回収し、イタリアのカリタスに施しをします。
いいですね。
このトレヴィの泉は歴史的にとても有名なので、歴史的な人物もここに訪問して、自分の希望を願いました。
なぜ今日、私がトレヴィの泉の話をしたかというと、御復活の時期が近いからです。
考えてみると、クリスマスは喜びがいっぱい溢れる祭りで、神様の愛を感じます。
しかし、御復活は違います。
御復活の感情は喜びですが、深い意味は希望です。
なぜなら、イエス様の受難と命をささげたおかげで、私たちが悪魔の力から解放しました。
原罪の運命から解放されました。
今日の福音の内容がその重要なポイントを表します。
不倫をしていた女性がでてきましたが、まさか本当にファリサイ派の律法学者たちが、その女性よりイエス様殺そうとしていたとは思わなかったですよね。
そのために、悪意を持ってイエス様を試しました。
立法学者たちは、イエス様に、「彼女はモーゼの律法に反したので、石で殺しましょうか」と聞きました。
その時代は、ローマ帝国がイスラエルを支配していたので、ローマの死刑宣告は、ローマの国だけで決められていました。
そして彼女に、何もせず解放しましょうと言ったら、モーゼの律法に反してしまいます。
つまり、イエス様はジレンマに直面していました。
このジレンマを乗り越えるために、イエス様は有名な言葉を残しました。
「あなたたちの中で、罪をおかしたことのない人だけ、まず、この女に石を投げなさい。」という言葉です。
やはりみんなが罪人であることを感じて、みんなは彼女の立場を理解しました。
同時にイエス様は彼女の命を助けました。
年長者は一番初めに立ち去りました。
なぜなら、年長者は一番罪を犯しているからです。
皆さん、この箇所は本当に深い意味があります。
例えば、旧約聖書の中で、イスラエル国民は神様から心が遠くに行った時に、他の神を愛して今いました。
皆さんご存知のように、これはモーゼの十戒の3番目の掟に反することです。
ですからこの箇所は、聖書のまとめの箇所です。
なぜなら、人間は自分が罪人であることを認める様子を表しているからです。
そしてイエス様の精神を認めるところだからです。
イエス様の精神は、人々を、愛をもって許すことです。
旧約聖書の中で、今日の箇所の中で、似ている不思議なことがあります。
出エジプト3118節で、神様が十戒を自分の指で書いて、モーゼに渡したそうです。
そして、今日の箇所で(86節)、イエス様も地面に指で書きました。
この内容は私たちはわかりませんが、旧約聖書の内容と比較して考えると、きっと、お互いを愛しなさい、と書いたと思います。
やはり皆さん、イエス様と私たちの関係は、愛の関係でしょう。
聖書はいつも美しいハッピーエンドですね。
愛の物語です。
その通りにカトリック円山教会で今日、とてもハッピーなことを行います。
私は美しいイタリア女性に堅信秘跡を授けます。
イタリア語で、彼女の名前は、bella dona (美しい女性)という意味です。
顔だけではなく、彼女の心も美しいです。
9月にイタリアで日本の男性と結婚式があるので、私から堅信教育を学んでいきました。
私にとって、とても楽しいイベントです。
そのためにトレヴィの泉の話を入れました。
私にとってトレヴィの泉の水は、洗礼の水に似ています。
洗礼の水は、私たちの命に希望を与えます。
どうぞ皆さん、今日のミサをしながら、彼女の将来の幸せのために祈りましょう。

2019.04.07 今週のお知らせ

0407日(日)
主日ミサ  (四旬節第5主日)
入祭の歌:  6   あわれみの賛歌: 215   栄光の賛歌: ――   奉納の歌:   71  
感謝の賛歌: 216     平和の賛歌: 217    拝領の歌:  62    閉祭の歌: カ 172  
0930
0945
1000
教会学校 
十字架の道行
主日ミサ(ケン師)
1100
1115
1130
福祉コーヒー
3ブロック例会・交流会、聖歌隊練習
手話サークル

★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)
4
08
(月)
0615
ミサ

09
(火)
0615
ミサ

10
(水)
0615
1000
ミサ
筆字の会
 
11
(木)
0700
1000
1000
ミサ/聖心会
養成クラス
キルトの会
 
12
(金)
0900
1000
1830
教会清掃 2G
金曜作業G
ミサ


13
(土)
0700
1830
ミサ(入門クラス)
English Mass
  
14
(日)

0930
1000
1100
1200

教会学校
受難の主日ミサ(朴師)
青年会コーヒー(パン販売はお休みです)
運営委員会

2019年3月31日日曜日

2019.03.31 今週のお知らせ

331日(日)
主日ミサ  (四旬節第4主日)
入祭の歌: 典 6    あわれみの賛歌: 典215   栄光の賛歌: ―――  奉納の歌: 典322 
感謝の賛歌: 典216  平和の賛歌: 典217     拝領の歌: 典65    閉祭の歌: 典167
0930
0945
1000
教会学校 
十字架の道行
主日ミサ
1100
1100
1100
福祉納豆販売
典礼・広報部会
侍者研修会

★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)
4
 1
(月)
0615
ミサ

 2
(火)
0615
ミサ

 3
(水)


 
 4
(木)
0700
1000
ミサ/聖心会
入門クラス
 
 5
(金)
1000
1030
1030
初金ミサ(森田師)
教会清掃/G
金曜作業G


 6
(土)
0700
1830
ミサ(入門クラス)
English Mass
  
 7
(日)
0930
0945
1000
1100
1100
1130



教会学校
十字架の道行
主日ミサ(ケン師)
福祉コーヒー
3ブロック交流会
手話サークル