2018年11月11日日曜日

年間第32主日

第一朗読:列王記17・10-16
第二朗読:ヘブライ9・24-28
福音:マルコ12・38-44、または12・41-44


皆さん、おはようございます。
先週アメリカでは選挙がありました。
トランプ大統領が自分のイメージを高めるために、色々な教会の礼拝に参加しました。
しかし、スピーチの時、貧しい移民の人に悪いことをしたり、トランプ大統領を反対している人たちに悪口を言いました。
本当に教会で礼拝に参加したことはイメージを良くしましたが、本当の心は教会の価値観とは遠いと思います。
彼は神秘的です。
私はアメリカ人ですが、恥ずかしいです。
今日の福音の中で、同じような状態を表しています。
イエス様の時代の当時の偉いユダヤ教のリーダーたちが、自分のイメージを高めるために、素晴らしい服を着て、祈る場所では一番前の席に座り、祈りを長くしたりします。
しかし、彼らは本当に貧しい人々には手を貸しません。
イエス様は彼らをウソと言っています。
皆さん、現代の私たちの社会も同じ雰囲気ですね。
人々はブランドを好んで着たり、素敵な車でドライブしたりしますね。
このことを考えると、教皇様がフランシスコになった時、教皇様のための素晴らしいバチカンのアパートと素敵な車を準備していましたが、彼は断りました。
代わりに他のメンバーと一緒に生活をして、アメリカの小さな車で十分と言いました。
今でも教皇様はその通りに生活しています。
私たちへの模範をあらわしています。
もう一人の模範はマザー・テレサです。
皆さんご存知のように、彼女はノーベル賞をもらいました。
そのパーティーの時、有名な人々が立派な服を着て集まりましたが、マザー・テレサは日々の修道院の服とボロボロのサンダル、古いカーディガンを着てスピーチしました。
イエス様の時代だけではなく、今の時代も、見かけだけではありません。
今日の福音の目的は、神様の栄光を表すために、一番大切な行いを教えています。
そのためにイエス様は貧しい未亡人の重点を言っています。
彼女は二つのコインだけ募金しましたが、それが彼女のすべてのお金でした。
この行いが、彼女と神様への信頼関係を示します。
やはり彼女は、神様が自分のニーズを満たしてくれると信じています。
その未亡人はイエス様の模範と同じです。
イエス様が神様の召命のために、毎日自分の時間とエネルギーをささげました。
そして皆さんがご存知のように、神様の救い主の召命のために最後には命をささげました。
毎回ミサを行う時に、そのイエス様の犠牲を思い出します。
本当にイエス様は私たちの模範です。
どうですか?皆さん、神様のために何ができるでしょうか?
もちろん教会のミサに参加することが、神様への感謝の行いです。
また、周りの人々のニーズを満たすことも、神様への感謝の行いです。
そして、自分の身体と心をケアすることも、神様への感謝の行いです。
その未亡人とイエス様の模範を見習って、人生を神様に捧げられるように、日々生活いたしましょう。

2018.11.11 今週のお知らせ

1111日(日)
主日のミサ (朴氏) /七五三の祝福
0930
教会学校
1100
 青年珈琲・パン
1000
主日ミサ(朴師)/
1100
 キルト展

七五三祝福
1115
 聖歌隊練習


★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)

11
12
(月)
0700

ミサ/朴師


13
(火)
0700
ミサ/朴師


14
(水)
0700
1000
ミサ/朴師
筆字の会
 
15
(木)
0700

ミサ(聖心会)


16
(金)
0700
0930
1000
1000
ミサ/朴師
さゆり幼稚園聖堂訪問
教会清掃(3グループ)
金曜作業グループ

17
(土)
0700
1400
1830
ミサ
初聖体の勉強
English Mass

18
(日)
0930
1000
1100
1100
1100




教会学校
主日ミサ/初聖体(ケン師)
典礼・広報部
病者の塗油
初聖体のお祝い



2018年11月4日日曜日

年間第31主日

第一朗読:申命記6・2-6
第二朗読:ヘブライ7・23-28
福音:マルコ12・28b-34

皆さん、おはようございます。
11月に入って、札幌では葉が落ちて、秋の雰囲気ですね。
そして、冬のために木の枝を切ったり、準備をしています。
この時期に毎年死者のミサを行います。
日本の文化では、お盆に亡くなった家族のことを祈りますが、欧米の文化は、11月の中で、亡くなった人々のために祈ります。
この歴史はイエス様が生まれる150年前から記録されています。
マカバイ記二、1242-46節に戦争で亡くなった軍人たちが天国へ行けるように祈る内容が書いてあります。
これ以外にもゼカリア書、シラク書、マタイによる福音の中でも同じように、亡くなった人々が天国へ行けるように祈りましょうと書いてあります。
西暦998112日、フランスのクリューニーの修道院の中の修道者、聖オディロが亡くなった人々のために、その特別な日を発表しました。
1か月間亡くなった人々のために祈っていたそうです。
亡くなった家族が、紙に名前を書き、祭壇に置いていたそうです。
14世紀から教皇様が、この大切な祈りの日を認めて、全カトリック教会に発表しました。
前の日、諸聖人の祝日ですが、2日は天国に無事到着していない家族のために、魂を清めて魂を無事に天国に送るための祈願の日です。
15世紀の宗教革命者ルターは、この考え方を断りました。
そして、自分の聖書を翻訳したときに、死者のために祈りを求める聖書の本を入れませんでした。
その理由は、ルターは煉獄を信じていなかったからです。
煉獄は聖書に書いてはいませんが、1コリント15章に、聖パウロが煉獄について暗に意味したそうです。
カトリック教会のカテキズム2447番、慈善のわざに身体的・精神的に困っている人を助ける信者の義務について書いてありますが、その中で、亡くなった人々の事も含みます。
その通り、金曜日に教皇フランシスコ様が、ローマの一番大きなフラミンゴ墓地を訪問して、お墓を祝福しながら祈りました。
それが終わって、バチカンに戻って、同じように地下にある亡くなった教皇様達のお墓を祝福し、祈ったそうです。
その時の教皇様のメッセージの重要なポイントは「今日の祝日は私たちの心に寂しさを感じますが、希望もあります。」です。
教皇様は続けて、「私たちの献花のお花は、私たちの希望の気持ちを表します。イエス様の十字架の苦しみと御復活によって、希望のドアを開いてくださったからです。」と言いました。
私たちのイエス様による信仰によって、愛された仲間たち、家族と私たちも、将来、御復活すると信じています。
それは私たちの希望です。
今日の朗読は年間第三十一主日のものです。
今日の日曜日の福音は、私たちカトリック信者たちの一番大切な掟についてです。
もちろん、その掟の内容は愛です。
神様への愛、自分のための愛、周りの人々への愛です。
愛を示すためにいっぱいの方法があります。
その中で、私たちカトリック信者にとって、神様と自分のためと周りの人々のために祈ることは最も大切です。
私の洗礼名の祝日にも、カトリック円山教会の信者達が、親切に私への優しい祈りのプレゼントをくださいました。
今日の死者の日はその通りです。
私たちより先に亡くなった仲間と家族へ、深い愛の気持ちを示すために祈ります。
やはり聖パウロの有名なことわざ通りに、「愛は決して滅びない。」と言われています。
亡くなった仲間と家族は、いなくなることではなく、神様の家で眠りながら私たちのために待っています。
死を通して、人間関係は壊れるわけではありません。
彼らの愛も天国からずっと頂いて、私たちも無事に天国に到着できるように導きます。
私たちの命は神様からの大切な贈り物です。
今の命も次の命もそうです。

今日、先に亡くなった仲間と家族のために祈りながら、同時に神様にも命への感謝を致しましょう。

2018.11.04 今週のお知らせ

1104日(日)
主日のミサ (帰天司祭・信徒追悼ミサ)
0930
教会学校
1100
 Sr.真神の物品販売
1000
主日ミサ
1115
 手話サークル



 


★今週の予定★(掲示板などで再確認してください)

11
05
(月)




06
(火)
0615
   
ミサ


07
(水)
0615

ミサ

 
08
(木)
0700
1000
1000
ミサ(聖心会)
養成クラス
キルトの会

09
(金)
0900
1000
1830
教会清掃(2グループ)
金曜作業グループ
ミサ

10
(土)
0700
1000
1830
ミサ(入門クラス)
初聖体の勉強
English Mass

11
(日)
0930
1000
1100
1100
1115




教会学校
主日ミサ(朴氏)/七五三
青年珈琲・パン
キルト展
聖歌隊練習